ジェフ・クーンズ 見てはいけないものを見せてくれるアーチスト

発売前から随分話題になっていたジェフ・クーンズ指揮下でのルイ・ヴィトンのコレクション、多くのLVファンの度肝を抜いたことだろう。最近は話題性のあるアーチストとのコラボレーションを展開するハイブランドが多いが、まさかルイ・ヴィトンが古今の絵画をモノグラム・キャンバスに載せるとは、草間彌生で驚いている場合ではなかった。もちろん寛斎とのコラボだって驚きだ。モノグラムの上の達磨や歌舞伎の隈取り、ツーリストにとっては新鮮なのだろうが。この春、ルイ・ヴィトンの店頭に並んだ絵画プリントシリーズ第一弾を見た時、自分がルイ・ヴィトンショップにいるとは思えなかった。もはやジェフ・クーンズの世界。ルイ・ヴィトンは遥か彼方に退いたかのようだった。ルイ・ヴィトンのアイコニックなフラワーモチーフとLVのロゴに自身のJKのロゴをゴールドの金具で配したデザインは素敵だったけど。一番印象的だったのは、バッグの内側にモナリザならダ・ヴィンチの、糸杉のある麦畑ならゴッホの肖像がプリントされていたこと。外観以上に価値があるようにも思えるこだわりのディテール。新しい試みは常に賛否両論を呼ぶ宿命にある。今回のルイ・ヴィトンの作戦は下品すれすれの爆発的なインパクトに賭けた冒険だったのではないか。

ルイ・ヴィトンの方に伺ったら、デザインはジェフ・クーンズに一任してLV側は一切口を出さない契約だったとのこと。寡聞にして詳しい来歴を知らなかったが、相当力のある人物なのだろう。LVの公式サイトでジェフ・クーンズの写真を見ると、完全に目が飛んでいて得も言われぬ胡散臭さが漂う。気になって調べたらwikiでアメリカ出身の前衛芸術家とあり、その今までに例を見ない作品の数々が紹介されていた。読み進めていくうちに彼の私生活に関する記述を目にし・・・な・ん・と!若き日、あのチチョリーナと結婚していたのだという(その後離婚)。チチョリーナ!ハンガリー出身でイタリアでハードコアポルノ女優兼政治家として活躍した女性だ。30年ぐらい前日本でも巷間を騒がせた。彼女が来日したとき偶然成田空港で見かけ圧倒された。活火山のような見事な胸に奇抜なメイクが歩くポルノグラフィといった感じの、噂に違わないド迫力の女性だったのだ。そうか!それで一気にジェフ・クーンズを理解した(気になった)。

このお二人まさに天の配剤。なぜか赤裸々って言葉が浮かんでくる(なぜだ)。規格外の胡散臭さ、いかがわしさ、ここまでお似合いのカップルも珍しい。おまけにクーンズは二人の愛の営みをモチーフに作品を制作したそうで、彼女との結婚も含めてセルフプロデュースの天才なのか。クーンズ&チチョリーナが結びつき、老舗の高級ブランド・ルイ・ヴィトンを(おそらく)翻弄した風雲児に関する疑問が氷解したのがおかしい。初めて彼の顔を見たとき、関根勤に似ていると思った。それは彼のアイコンがラビットだからで、気のせいだろう・・・ルイ・ヴィトンのバッグにチャームとして付いているそのラビットは全然可愛くなく・・・なんだか轢死体を俯瞰したような感じなのである。とはいえ異端の芸術は物議を醸し出しても燦然と輝く魅力がある。かつてやはり異色の映画監督・ピーター・グリーナウェイに悪趣味の美学を感じたが、ジェフ・クーンズはそれとはまた違う。クーンズは、良心のある人間が恥ずかしい、人目に触れさせたくないと思うものを白日の下に晒し、彼らがそれを羞恥心を持って見るのを喜んでいるかのよう。見てはいけないものを見たという感覚を喚起させる作品群。彼は言わば恥部の供覧会の主催者だ。秋には第二弾・モネにマネ、ターナーなどがリリースされ・・・そしてこれからLVはどこへ行くのか。オールドLVファンとしては興味が尽きない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です