天井桟敷の人々 東京競馬場の伝説のファミリーはどこへ

天井桟敷とは劇場の最後方、天井に近い観覧席で、狭く見にくいため安い料金で庶民に提供される場所だった。この席は某劇場で”天国”と称され、そこに押しかけて無邪気に騒ぎ、野次を飛ばす貧しい人々は天国の子供たちと呼ばれていた。それがこのフランス映画史に残る名画・天井桟敷の人々の原題・Les enfants du paradisである。3時間を超える大作で、初めて銀座の名画座で観たときは緊張した。名作に触れる喜びと若い自分に理解できるかという不安で胸がいっぱいで。純情だった青春時代の話である。恋なんて簡単よと軽くあしらう艶っぽい中年女・ガランス(フランス語で茜の意味。アルレッティが演じた)と彼女への恋に打ち震える繊細な若者・バチスト(ジャン=ルイ・バロー)。初めて観たときはどうしてあんなおばさんを・・・と不思議でならなかった。確かに子供にはわからない大人の色香。年増女の爛熟した魅力をまき散らすアルレッティは、20世紀フランス映画界の艶女№1かも知れない。最後、人ごみの中ではぐれていくガランスを、ガランス!ガランス!と絶望的に追いかけるバチストの姿が忘れがたい。しかしなぜここで天井桟敷の人々なのか。それは東京競馬場の伝説のファミリーの思い出につながる。起源がいつなのか定かではないが、恐らく昭和の時代から数十年に亘り、東京競馬場の観覧席で覇権を誇った人々である。ここにその物語をお聞きくだされ(琵琶法師風(+o+)

東京競馬場の4階、21番柱の前は、天井桟敷とは違いウイナーズサークルを臨む絶好の観覧席である。そこを占拠し陣地とした競馬ファンたちがいた。その棟梁は真顔で趣味は競馬場の席取りとのたまう変わり者。彼が競馬場を訪れるのは馬券を買うためではなく、観覧席を確保するためなのだ。新宿に住んでいた彼は毎土曜日の朝まだき、新宿二丁目のカップルたちが別れを惜しんで集う公園を抜け、始発電車で競馬場に駆け付ける。土曜の競馬が終わると翌日曜日のために係員が去るのを待って敷物を広げ最前列の場所取りをし、日曜日は再び始発で馳せ参じる。仕事で穴をあけざるを得ない日を除き、何十年もそれが彼の土日のルーティンだった。G1の前ともなれば一週間以上前からファミリーメンバーが交代で一番前の場所を確保し、当日は数十人が開門ダッシュを決めて走った。PCを背負いながら最速の上がりで前を行くメンバーを差し切って席を押さえる強者もいた。転んで骨折した輩も一人や二人ではない。東京の三大G1・ダービー、天皇賞、JCの前日は寝袋を持っての泊まり込みは当然の頼もしさ。ガムテープに大量のチラシ、タオルなどでの陣取り合戦。話は逸れるが、数年前のダービー前日、門前で列を成す熱心なファンたちの前に故・後藤浩輝騎手が現れ缶コーヒーをふるまったそうで、棟梁をはじめとするファミリーはみな感激していた。気配りの人だったのだろう。合掌。

ダービーの日は、そのファミリーだけで200もの席を確保したこともある。ダービーの早朝に東京競馬場を訪れた方はおわかりだろう、あれだけの収容力を誇る観覧席が開門と同時に一瞬で埋まる。それほど熾烈な戦いが繰り広げられるのだ。もちろん200人ものファミリーがやってくるわけではなく、当日席を求めて彷徨う人々に譲ったりするのだから気前がいいと言おうか。棟梁はそれが何より楽しそうだった。そしてファミリーはどんどん膨れ上がっていった。JRAの職員に目をつけられてはいたが、その牙城を崩すことは誰にもできなかった。絶好のロケーションであれ、無料の席でにぎやかに競馬を楽しむファミリーは、私の目にはまさに天井桟敷の人々に見えた。それが今年の天皇賞秋・・・大雨に見舞われたあの日、21番柱の前にそのファミリーの姿はなかった。東京競馬場に異変あり。あれだけ熱心に、というか偏執的なまでにあの場所を死守した棟梁に何があったのだろう。人もまばらな夏競馬の時でさえ陣取っていたのに、G1の日に姿を見せないなんてあり得ない。天井桟敷の人々はどこへ行ってしまったのか。彼らのいない21番柱の前を通るとき、一抹の寂しさが胸を過るのを禁じ得ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です