スワンの恋-19世紀末パリの社交界でのロマンスはロマンチックではなく

アランドロン俳優生活50周年記念の映画祭でスワンの恋を観た。ちょうどプルーストを読み返していたのでいい機会だった。フランス映画びいきなのになぜ本邦初公開時に見なかったのかと訝しく思ったが、配役を見て納得。ドロンが脇役だったのだ。おまけに彼ももう中年に達していたので、リアルタイムでないにせよ若き日の輝く美貌を知っている自分には違和感があったのだろう。昼間の東急文化村・ル・シネマ、女性ばかりかと思いきや、男性客もけっこういたのが意外だった。

“ブリキの太鼓”のシュレンドルフが描く19世紀末パリの社交界。スワンの恋のエピソードを忠実に再現していて、とても参考になった。当時の上流階級の住まい、ファッション、習慣、遊びなどなど、ビジュアルで見ると分かりやすい。オペラを見たあと優雅に夜食をとったりして、いったい何時まで遊んでいたのか。この時代の上流階級の人々は服の着脱も召使任せ。スワンは侍者と共に念入りに身なりを整えて、パウダーまではたかせて外出する。往年の名画・風と共に去りぬで、ヴィヴィアン・リー演じるスカーレット・オハラが、細いラインのドレスを着るのに召使の手を借りてコルセットを締め上げるシーンを思い出した。

ドロンが演じるのは、自分の美意識に忠実に生きるゲイのシャルリュス男爵。山高帽に口ひげ、化粧した中年のドロンの姿に往年のドロンファンとしては戸惑うものの、なかなか似合っており、かつての美青年が若い男を物色する中年男を演じるまでになったのだと時の流れを感じさせて感慨深い。小説で、スワンが出入りするサロンに集まる貴族たちが下品で低俗な話題に喜ぶ様子が皮肉っぽく描かれていたが、映画でもその紳士淑女まがいの晩餐会のシーンが印象的だった。貴族とは名ばかりで知性も教養もない飾り立てたゲテモノたちが滑稽だ。プルーストの大作だけあって、これまでにヴィスコンティをはじめ多くの名匠が映画化を試みながら果たせなかったという。それがついに映画化!という期待値が高すぎたのか、この映画はあまり高い評価は受けなかったようだ。でも私には充分面白かった。面白いと言えば・・・途中から、なぜかスワン(ジェレミー・アイアンズ)が沢村一樹に、オデット(オルネラ・ムーティ)が上沼恵美子に見えてきて、19世紀末のパリから一気に21世紀の日本にワープしたような気になった。

スワンの恋というからには二人の燃え上がるような恋物語なのかと思いきや、決してそうではないところも一筋縄ではいかないプルーストらしい。オデットは当時の高級娼婦で、いわば社交界人士のアイドル。奥様方にとっては気に入らない存在だ。スワンはオデットと懇ろになった後すぐに後悔するのだが、結局結婚して娘までもうけるのだから不思議。オデットが胸に挿すカトレアの花を直すことが二人の恋の秘密の儀式で、陶然としてオデットの胸に顔を埋めるスワン。オデットを失いかけ、その甘い思い出に焦がれて呟く”カトレア・・・”の一言がまた耳に残る。この一言でスワンのオデットに対する欲望を語り尽くしている観もあり、さすがの演出、演技だと思った。実に濃厚で官能的な一言。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です