海を感じる時 暗い情熱の滾る青春を持て余して

何が驚きって、記憶を辿るとこの本を初めて読んだのは小学生の時なのだ。それもお小遣いで購入して。なんておませな・・・今ほど情報が溢れていない時代でも、小学生の好奇心は休むことを知らず、精一杯触手を伸ばして面白いものを探していたに違いない。講談社の単行本の表紙、児童書とは明らかに違う大人の雰囲気で嬉しかった。恋愛という未知の世界に心ときめかせる年ごろーそれにしても子供にはあまりに重い小説だった。作者の中沢けい、18歳の処女作である。高度経済成長が終わり、学生運動に失望した無気力、無関心、無責任の三無主義、いわゆるしらけ世代の高校生の性愛体験。地方都市の高校の新聞部に所属する早熟な主人公は小学生の時に父親を亡くし、女手一つで育てられる。母親にとっては希望の星だ。高校生、背伸びしたい盛りに彼女は新聞部の先輩・高野に恋をする。同級生より一足先に大人になりたい。そんな願望が彼女を駆り立て、決して自分を恋愛対象としては見てくれない高野に身を任せる。それが母親の知るところとなり、母親は何か汚いものでも見るような目つきで彼女を見、半狂乱になる。処女でお嫁に行きなさいと言われた時代なのだろう。彼女は高野への思いを募らせるが、彼が求めるのは体だけ。母との関係の緊張、高野への一方的な愛、すべてが満たされないまま時間ばかりが過ぎてゆく。

この小説、何よりもまずタイトルがいい。今まで憚られて語られずに来た、女性の性の神秘が明かされるのでは・・・との期待通りに、生々しい性描写に衝撃を受ける。高野の子を妊娠したのではないかと不安に駆られているとき、不意に体を貫くように始まる生理。”小さな蛇が鋭く体をくねらせ、出てきた。小さな赤い蛇が水晶のような目で、静かに見つめている”って、鮮やかでリアル。折しも雨に濡れたスカートの中に手を忍ばせ、彼女は生理を確かめる。”赤茶色の血が指先で、生臭いにおいを発していた” 美化するそぶりもない中沢けいが好きだ。そしておそらくこの小説を読んだ全ての人が胸に刻んだ圧巻のシーンは、ラストの、生理の血を夜の暗い海にたとえた箇所だろう。”海の水には、ねばり気があるようだ。タールの海だ。私の下腹にもタールの海がある。うねうねと、予兆と甘美な快楽が打ち寄せる” 若い表現者の描く海は概して青春と結びつきやすい祝福された場所。それを全く違った感性で捉える斬新さ。”世界中の女たちの生理の血をあつめたらばこんな暗い海ができるだろう。呪いにみちた波音を上げるだろう。下降をしいられる意識。生理の生ぐさいにおいの中へ” ヨットで遊び、サーフィンに興じ、水着で開放的になれる海。そんなイメージを一変させ、10代で女の業を見据えてしまった中沢けいって何者なのだろう。やはり18歳で衝撃の処女作をものしたフランソワーズ・サガンは青春の光と影を描いた。中沢けいの描く青春は精神と肉体のアンバランスな成長に戸惑う暗~い世界。光など差さない。この暗さがまたたまらなくいいのだけれど。

いかにも昭和の価値観がいっぱいのこの小説が数年前に映画化されたというので驚いた。というよりそれまで映画化されなかったことの方が不思議か。この小説が発表されてからどのくらい経っていたのかわからないが、衝撃的な内容だったからだろう、コンセプトアルバムが制作された。当時はカセットテープの時代で、ラジオから流れてきた歌を母が録音してくれた。私が気に入っていたのは”あなたの下宿”という歌。小椋佳作詞・作曲、オペラ歌手の五十嵐麻利江が歌っていて、哀愁を帯びた声が素敵だった。主人公が、東京の大学に進学した高野を追って下宿を訪ねる歌。ドラマチックで未だに覚えている。♪あなたから届いた返事封筒の厚さだけ喜んで それだけにあなたの遠さ読み終えて なおさらの淋しさ♪自分も恋人を追って下宿を訪ねてみたいなどと子供心に思った。残念ながらそんな機会には一度も恵まれなかった。昨年だったか、横浜のホテルニューグランドのレストランで隣のテーブルに見覚えのある女性が座った。中沢けいだった。健啖家ぶりを発揮してエネルギッシュに友人と思しき女性と食事を楽しんでいた(ように見えた)。海を感じる時から数十年・・・暗い情熱を感じさせる風貌は健在で頼もしかった。私は勝手に、この人に土着の縄文民族のにおいを感じて魅せられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です