罪深きめんどり

このタイトルがなんだかわかる人がどれだけいるだろう。10年以上前、日本人公務員である夫が横領した10数億もの公金を貢がせ、悪女と騒がれたチリ妻アニータ。彼女がチリでリリースした歌のタイトルである。他にアニータ大統領、自称マッチョ、日本のホクロ、という歌があった。日本のホクロは確か日本人男性をバカにした歌だった。このネーミングセンス素晴らしい。チリではヒロインのように迎え入れられたのか、時の人のパワーは凄く、アニータのレコーディングシーンを放映する日本の放送局もあった。それをしっかり見て未だに覚えている自分が笑えるが、こういう話って心に残る。ユーミンも名作・”時のないホテル”で、♪堅いニュースはすぐに忘れてゴシップだけが残る♪と歌っていたっけ。2017年ももうすぐ暮れる。今年も数えきれないゴシップが世間を賑わせた。罪深きめんどりの話、私はたぶん一生忘れないだろうが、今年のゴシップでそれだけ寿命が長いものがあるかどうか。直近のホットな話題は船越・松居の離婚成立と太川陽介が夫人の密会疑惑を受けて行った記者会見。前者にはいい印象がないものの、太川陽介のは未見ながらなんか面白い。Youtubeで彼のLui Luiパフォーマンスまで見てしまった。そして気づいたこと・・・LとRの判別、日本人には難しいのに、太川陽介はしっかりLでルイルイと言っている。だから何?いえ、それだけだけど印象的。奥様、明るいルイルイで皆を幸せにする太川陽介のためにも罪深きめんどりにはならないでください。太川陽介、若い頃かっこよかったんですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です