思い出のチーズケーキー20世紀のリッチテイスト

今までの人生で一番美味しかったチーズケーキ。子供のころ、母が持っていたお菓子の本に載っていた。チーズ風味のスポンジ台の上に、チーズクリームとメレンゲを混ぜた種を重ねて焼く。甘味を押さえた濃厚な味。チーズクリームは、まずカスタードクリームを作り、それをすりおろしたエダムチーズと卵の黄身を混ぜて作ったシュー種に加えて仕上げる。そこに卵の白身をもったりするまで攪拌して砂糖を加えたメレンゲを混ぜ合わせる。それをスポンジ台に乗せて焼き、焼きあがったら洋酒で溶いたあんずジャムを塗って完成。これがたまらなく美味。子供の頃、まずはこの写真に憧れた。ダイヤモンドリナーなんてチーズおろし器、当時は見たこともなく、買ってもらった時はうれしかった。エダムチーズもこの本で初めて知った。アプリコットジャムというのもおしゃれな感じで、背伸びしたい女の子の心に響いた。(杏里のデビューアルバムのタイトル・そういえばアプリコットジャムだった( ^)o(^ )10代、お菓子作りに目覚めてから何度このチーズケーキを作ったことだろう。初めて食べたのがこのレシピだったからか、どうしてもレアチーズケーキは受け付けなかった。友達はレアの方が好きという子が多かったけど。

昭和のお菓子のレシピ本って概してカロリー計算度外視というか、今見ると作らない方が身のためと思われるリッチテイスト。でもとにかく凝っていて、簡単に作れるものではないところが風格を感じさせる。チーズケーキと言えば昭和の末頃に爆発的に流行したティラミス、私はあまり好みではなかったが、知り合いのイタリア人が、名前の由来はあまりに美味しくてハイになるからだと教えてくれた。赤坂・グラナータのティラミス人気だったな~。最近もニューヨークチーズケーキを始め、チーズケーキは相変わらずの隆盛ぶりを見せている。コンビニのスイーツ売り場にも必ずあるアイテム。チーズ党の多さを物語っている。

長じてからはお酒を飲むようになり、スイーツからは遠ざかった。今ではチーズはワインのお供で、好みもシンプルテイストのサムソーやコンテから、濃厚なマンステール、エポワスまで幅広くなったが、なぜかお菓子に加工されると苦手になった。ウォッシュタイプのチーズの強烈なにおいは大丈夫なのに、ピザの上で溶けているチーズもダメである。もうチーズケーキを作ることもないだろう。でもあのチーズケーキは母と一緒に作った思い出の味であり、レシピ本の重厚な雰囲気と共に忘れられない。

 

カテゴリーFood

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です