東京ダート1400メートル 笑顔のピエロのブランコを見逃さないで

東京ダート1400メートルのレース。スタート台へ向かうスターターの様子をカメラが捉えるほんのわずかな時間、可愛い顔が映し出されることがあるのをご存知ですか?私も最初は何だか解せず、その存在に気づいたのはここ10年ぐらいの話なのですが。緑色の帽子をかぶったピエロが、ウィンクしながらにっこり笑って立っているのです。赤い手袋をつけた両手にはブランコを下げています。フジビュースタンドから遠く臨むと、楽し気にブランコを揺らす子供たちの姿が見えます。

今年のJRAのCMにも登場したこのピエロ、何がスペシャルかって、前向きと後向きの2つの顔を持っているのです。4つある目で前も後ろも見えるわけ。いわば東京競馬場の双面神・ヤヌスの神!ヤヌスの神が過去と未来を同時に見ていたように、ピエロもスタートからゴールまで全部見ている。雨の日も風の日も雪の日も、東京競馬場の内馬場で笑顔で立ち続けるピエロ、その姿を見ているだけで幸せな気分になります。東京競馬場で繰り広げられた色々なドラマを見てきたのでしょう。おととしぐらいから、ハロウィンにはジャックオーランタンのマスクをかぶるようになりました。それがまた可愛い。ちなみにこのピエロのブランコ、2台あるのですが、障害レースのハードルのすぐ近くに立っているピエロは、踏み切ってジャンプ!の時全身が見えます。私の不満は、当該レースの前にもかかわらず、カメラの位置によってピエロの顔が映らない時があること。JRAさんには、東京競馬場にはこんなに可愛いブランコがあるんですよともっとアピールしてほしいと切に思います。

2020年2月1日、本年の東京競馬開幕日に東京競馬場に赴き、あの子の顔を見るのを楽しみにしていたら・・・撤去されていて地ならしが行われていました。これから何ができるのでしょう。あの子のいない東京ダート1400mのスタートは灯が消えたようでした。また戻ってきてほしいものです。

[instagram-feed]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です