シェリーへの愛

もともと白ワインが好きで、そこからアルコール遍歴が始まったのですが、数年前からシェリーの虜になってしまいました。きっかけは、より度数の高いワインを求めてのことだったかと記憶していましたが、ほかにも理由がありました。1930年代のイギリスの名門校に寄宿する男の子たちを描いた映画、アナザーカントリーを数十年ぶりかで見ていたら、みなでシェリーを飲むシーンがあったのです。シェリーを世界に広めるのに大きな役割を果たしたというイギリス、上流階級ではシェリーを飲む文化が定着していたのですね。いかにも高級そうなカップボードにグラス、その調度品もとても素敵でした。それともう一つ。19世紀の米国人作家・エドガー・アラン・ポーの作品にアモンティリャードの樽というのがあります。積年の仇敵らしき男を、極上のアモンティリャードを飲もうと唆し、地下のシェリー貯蔵庫に連れ出して殺してしまう男の話。アモンティリャードとはシェリーの種類の一つです。カーニバルの最中の出来事で、殺された男は道化師の扮装のまま死んでいきます。鮮やかなイメージ。主人公がなぜ殺したいと思うほどの恨みを抱いたのかには触れられておらず、それが却って不気味な短編小説です。アナザーカントリーとアモンティリャードの樽が、シェリーに傾倒していくきっかけとなりました。

伊勢丹本店の年に一度のお楽しみ、世界を旅するワイン展には、毎年シェリーメーカーのエミリオルスタウが出展しますが、そこを訪ねて綺麗なベネンシアドールの女性にシェリーの説明を受けたりして、色々試しては楽しんでいます。フランスの第二帝政期に皇妃となったウジェニーという女性がいます。スカートを膨らませるクリノリンという釣り鐘型の道具を運ぶバッグをルイヴィトンにオーダーして、ヴィトンの知名度を一気に高めたということは知っていましたが、彼女はシェリーの歴史にも関わりを持っているのだそうです。詳しくは忘れてしまいましたが(残念)、ルスタウがウジェニーのラベルのシェリーを販売していました。ルスタウはベルモットも美味です。

シェリーは辛口から濃厚な甘口まで、どれを飲んでも外れがありません(個人的には)。夏はさっぱりフィノを飲む機会が多いですが、オロロソやモスカテル、ペドロヒメネス、クリーム、もちろんアモンティリャードも、これが一番!とは選びきれないくらい好きです。ペアリングも多岐に亘り、お刺身や冷やし中華なんかとも合わせられるのが凄い。ペアリングチャートも見ていて勉強になります。“樽の中の劇場”というシェリーの本は私のバイブルで、いつ読んでもうっとりします。シェリーって言葉の響きも好きです。上の写真は今年の2月末に開催された世界を旅するワイン展の模様ですが、これが一週間遅れていたら中止になっていたでしょうね。販売員の方もマスクを着用されていましたが、今年も行けて本当によかったと思っています。下はフランスのロゼワインの老舗、エスタンドンのブース。こちらのロゼも大好きです。

口紅

数か月ぶりで外食することになり、久しぶりに口紅をつけました。一瞬にして口元が華やぎ、口紅っていいなと感激。そして鏡の前で何を着ていこうかとコーディネイトしながら、マスクが全てを台無しにすると溜め息をつきました。マスク姿じゃ装う気もなくなります。

子供のころから化粧品が好きでした。母の口紅を爪に塗って遊び、寝具を赤くして怒られたこともあります。若い頃は日本の化粧品メーカーがこぞってキャンペーンを展開し、美女を起用しては化粧品を宣伝していたものです。タイアップするキャンペーンソングがまた軒並みヒットして、中でも印象的だったのが松田聖子のロックンルージュ♪ピュアピュアリップスと矢野顕子の春咲小紅。春のウキウキ気分にぴったりな歌でした。渡辺真知子の唇よ熱く君を語れも好きでした。思い出せば色々。そのもっと前には、キャンペーンガールに真行寺君枝を起用した広告もありましたね。小椋佳の揺れるまなざし。真行寺君枝、神秘的な美しさで憧れました。夏目雅子のクッキーフェースも懐かしい💛

最近配信が始まった山口百恵の楽曲の数々、とっても好きなんですが、その詩にも口紅が何度か登場します。“冬の色”で、♪あなたから許された口紅の色はからたちの花よりもうすい匂いです♪ “初恋草紙”で♪口紅だけは差しましょう 冬の光が集まるよう♪淋し気な口紅もいいですね。

ユーミンにルージュの伝言なんてありましたね。内容は男の浮気をいさめるものですが、軽快なメロディで楽しい歌。尾崎亜美が杏里に提供したコルドバの踊り子という歌にもルージュが登場。こちらは哀しいルージュ。いろんなシーンを彩るアイテムなんですね。

この春、エルメスが満を持してローンチした高級感溢れる口紅、使ってみたいと思っているうちにコロナの災厄。時期が悪かったですね。楽しく口紅をつけて出かけられる日はいつ来るのでしょう。

クイーンS

長かった梅雨が明け、太陽がさんさんと降り注いだ日曜日の東京。かれこれ半年にもなる無観客競馬を自宅で楽しんでいました。その日のメインは札幌のクイーンS。ブランドものに弱い私は重賞に弱いのです。どうしても買わずには済ませられない。夏の牝馬限定戦なんて当たる気しないのに・・・それで馬柱を見ていたら、勝つのはレッドアネモスかスカーレットカラーしかありえないとの結論に達しました。スカーレットはまだしも、なぜレッドアネモスなのか?重賞そこそこ走っているわりには人気がないし、堅く収まるはずはないと思ったのでいい狙い目だったのです。厩舎二頭出しの人気薄でしたしね。コントラチェックはルメール人気だろうし、フェアリーポルカも3連勝はないだろうと。

ゲートが開くとスカーレット嬢は出遅れてしまい、ナルハヤとタガノアスワドが引っ張る流れで流れる流れる。スカーレットは最後方、レッドアネモスも後ろ寄りだったので、1000メートル通過タイム見たときにこれはありかなと思ったけれと・・・直線で前が開いて全てがレッドアネモスに向いたレースでしたね。まともだったらスカーレット嬢でしたでしょうか。

実はレースが始まる直前、友人が愛車の真っ赤なスープラの写真を送ってきたのです。それを見たとき、これはいけるかも!と思いました。オカルト馬券ではありませんが、レッドアネモスに3着がこれまたスカーレットと真っ赤に染まった決着でした。めでたしめでたし。

禍福は糾える縄の如し・一寸先は闇

梅雨明けを迎え、太陽が陽炎を作り、蝉が鳴く。タチアオイや向日葵が生き生きと咲き、生命を謳歌する風景はいつもの夏と同じなのに、今年は災厄の年となってしまいましたね。東京が2020年のオリンピック開催地に選出された時、日本中が歓喜して五輪特需を期待したけれど、この暗転を誰が予想しえたでしょう。禍福は糾える縄の如しとは本当だとつくづく思います。幸運と信じたことがそうではなかったのですからね。まさに一寸先は闇。いっそ選出されない方がよかったと、苛酷な運命を恨みたくもなります。でも!だからこそピンチをチャンスに!ですよね。未来のことは誰にも分かりません。言うは易しですが、いつも希望をもって、前向きに、って大切なことだとこのご時世に痛感します。パンドラが禁断の箱を開け、そこからあらゆる災厄が飛び出して人類に襲い掛かかりましたが、それでも箱の一番下には希望が残されていたのですからね。この寓話好きです。