馬鹿の一つ覚えー読み書きそろばんができても馬鹿は馬鹿

この言葉の重みを痛感したのは割と最近のことー身近に馬鹿を見たので。それが馬鹿と言っても、名門大学を出た上、就職先は高収入で有名な一流企業、海外駐在も経験し、輝けるエリートといった半生を送ってきた人です。しかしその正体は自己愛性人格障害と多重人格障害を患う出来損ないー50を超えて会社に居場所がなくなり、順風満帆に見えた人生が狂い出すと、本性を隠しきれなくなった。メッキが剥げ、情けない小心者が馬脚を現したのです。

とにかく同じことを意味なく繰り返す。納豆が体にいいと聞けばそればかりをパックのまま立ち食い。異常に食い意地が張っており、運動嫌いなのででぶでぶに太っていますが、ダイエットにいいと聞けば鶏の胸肉、きのこを毎日食する。その一方で休みの日ともなれば一日中PCで映画を観ながらお菓子を食べ続ける。もちろんその他に三食はきっちり。どんぶり鉢に山盛りのスパゲティを食べて何がダイエットなのだか。そしてその矛盾にも気づかない。

子供のころ、勉強さえしていれば親に褒められたのでしょう。未だに意味もない英語の勉強に精を出す。中学生時代の参考書も捨てられない。この人はいわゆる捨てられない病でもあり、不要なものは捨てるのではなく全て納戸に収納する。注意すると別人格が出現し、激昂して相手を罵るのだそうです。そんな時は表情も言葉遣いもまるで別人だとか。外では常に仮面をかぶり温厚な人柄を装っているので、私も含め、他人にはそんな姿を想像すらできません。昔、24人のビリーミリガンという本を読み、それで初めて多重人格と言う言葉を知りましたが、身近にそんな人がいたとは夢にも思いませんでした。

試験でいい点数がとれる人が人間として聡明かというと必ずしもそうとは限りません。この人は生涯成熟することなどないでしょう。馬鹿は死ななきゃ治らないという名言もありますが、まさにその通り。

諺って長きに亘って言い伝えられるだけのことありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です