事実は小説より奇なり-奇を衒うに及ばない現実の不思議

事実は小説より奇なりーTruth is stranger than fictionとは19世紀イギリスの詩人・バイロンの言葉ですが、年を重ねるにつれ、しみじみその通りだと味わい深く感じます。

2020年は世界中が疫病に苦しんだ災厄の年でした。しかし皮肉なことに、負の異常ともいうべき事象に相対するように、一方で正の異常ーというか奇跡のような出来事も同時に起こっていたのです。

愛してやまない競馬の世界。特に、3歳の競走馬にとって重要な三大競走を制した馬を三冠馬と言いますが、三冠馬誕生の確率は0.0017パーセントだそう(*_*)それがなんと今年は牡馬と牝馬がそれぞれ無敗のまま、その偉業を成し遂げたのです。更に牝馬での無敗三冠戴冠は史上初、また牡馬による無敗三冠を達成したコントレイルは、その父ディープインパクトも無敗で三冠を達成しており、親子での無敗三冠達成は史上初。そして同年に牡馬・牝馬が三冠を達成したのも史上初。

これだけでもう出来過ぎた話なのに、二頭が三冠の先で相まみえることとなったジャパンカップには、2つ上の、やはり三冠馬で天皇賞・秋で史上初のG18勝を成し遂げた牝馬アーモンドアイまでもがラストランで参戦((+_+))三頭の三冠馬が対決するのも史上初。全てのファンが固唾をのんで見守ったであろうその決戦の舞台では、アーモンドアイが後輩の三冠馬二頭を従えてG19勝目を挙げて有終の美を飾るなんて、こんな話を小説家が書いたら笑われるのではないかと思うほど-でも実際に起こった、お伽話も遠く及ばない奇跡の如き現実なんですね。・・・そのもう二度とないであろう奇跡が、コロナ禍で無観客あるいはかなり制限された入場者の前で繰り広げられたこともまた皮肉に思えますが、それも運命のいたずらなのでしょうか。

全く次元の違う話で恐縮ですが、“事実は小説より奇なり”の例として忘れられないエピソードがあります。友人の御年76歳の男性は、若かりし日、自宅での法事の宴のあと、隣の部屋で妻と娘が眠っているという状況で、義姉に全裸で誘惑されたのだそうです。彼が言うには、彼女は夫が10年前に失踪していて欲求不満だったのだろうと。。。そんな事情を理解してやるとは彼も優しい(*’▽’)必死に宥めてピンチを切り抜けたそうですが、“俺は本当にどうしようかと思った・・・”と語っていた表情が未だに忘れられません。

生きている以上よくも悪くも想像しえない出来事がたくさん起こります。嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、楽しいこと・・・泣いたり笑ったりできることがそもそも生きている証なのですね。“命あっての物種”これも名言ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です