ベイブ・ペイリー世界一の美女と謳われたスワンー社交界の華

私は20世紀アメリカの作家・トルーマン・カポーティの大ファンですが、その作品にマリリン・モンローのことを描いたA beautiful childというのがあります。モンローが師と仰いだ大女優の葬式にカポーティと共に参列し、その後気ままなデートを楽しむ話で、彼の短編の中でもかなり好きな作品の一つです。

モンローがカポーティに、あなたが知っている一番魅力的な女性は誰?と尋ねるシーンがあり、カポーティは断然ベイブ・ペイリー!議論の余地なしと即答します。自身はゲイであったものの、女性には美と卓越を求めると語り、多くのセレブ女性の友人を持っていたカポーティがそう断言するベイブ・ペイリーってどんな人なのか調べてみると・・・アメリカの上流家庭の出身で、2度目の結婚でCBSの創設者であるウィリアムS.ペイリーの妻になり、セレブ美女の頂点を極めた女性とのことでした。カポーティは彼女のことを、彼女にはたった一つの欠点があった。彼女は完璧だ。そうでなければ彼女は完璧だった。と独特の表現で讃えていますが、あまりに完璧すぎると却ってそれが仇になるといった発想でしょうか。いつも全くすきのない装い・立ち居振る舞いで人々を魅了していたようで、世界のベストドレッサーの殿堂入りも果たしています。

彼女はファッションに敏感なアメリカ人女性に絶大な影響力を持っており、中年に達した彼女が白髪を染めずに自然に任せると、アメリカ中の女性がそれに倣ってヘアカラーをやめたなどという逸話があります。また、スカーフを初めてハンドバッグに巻き付けて見せたのも彼女で、それを真似たスタイリングがあっという間に普及したのだそうです。高価なジュエリーとチープなコスチュームジュエリーを組み合わせるのも得意だったとか。いかにも上品で優雅な女性ですね。美にも経済力にも恵まれ、人々の羨望を集めた彼女ですが、私生活では夫の度重なる浮気に泣かされ、孤独だったと言われています。常に完璧な女性であることを求める夫から受けるストレスで、煙草を手放せなかったとも。銀のスプーンをもって生まれ、更に美貌の持ち主ともあれば幸せになれる確率は高いはず。それでも人生と言うのはままならないものなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です