シェリーへの愛

もともと白ワインが好きで、そこからアルコール遍歴が始まったのですが、数年前からシェリーの虜になってしまいました。きっかけは、より度数の高いワインを求めてのことだったかと記憶していましたが、ほかにも理由がありました。1930年代のイギリスの名門校に寄宿する男の子たちを描いた映画、アナザーカントリーを数十年ぶりかで見ていたら、みなでシェリーを飲むシーンがあったのです。シェリーを世界に広めるのに大きな役割を果たしたというイギリス、上流階級ではシェリーを飲む文化が定着していたのですね。いかにも高級そうなカップボードにグラス、その調度品もとても素敵でした。それともう一つ。19世紀の米国人作家・エドガー・アラン・ポーの作品にアモンティリャードの樽というのがあります。積年の仇敵らしき男を、極上のアモンティリャードを飲もうと唆し、地下のシェリー貯蔵庫に連れ出して殺してしまう男の話。アモンティリャードとはシェリーの種類の一つです。カーニバルの最中の出来事で、殺された男は道化師の扮装のまま死んでいきます。鮮やかなイメージ。主人公がなぜ殺したいと思うほどの恨みを抱いたのかには触れられておらず、それが却って不気味な短編小説です。アナザーカントリーとアモンティリャードの樽が、シェリーに傾倒していくきっかけとなりました。

伊勢丹本店の年に一度のお楽しみ、世界を旅するワイン展には、毎年シェリーメーカーのエミリオルスタウが出展しますが、そこを訪ねて綺麗なベネンシアドールの女性にシェリーの説明を受けたりして、色々試しては楽しんでいます。フランスの第二帝政期に皇妃となったウジェニーという女性がいます。スカートを膨らませるクリノリンという釣り鐘型の道具を運ぶバッグをルイヴィトンにオーダーして、ヴィトンの知名度を一気に高めたということは知っていましたが、彼女はシェリーの歴史にも関わりを持っているのだそうです。詳しくは忘れてしまいましたが(残念)、ルスタウがウジェニーのラベルのシェリーを販売していました。ルスタウはベルモットも美味です。

シェリーは辛口から濃厚な甘口まで、どれを飲んでも外れがありません(個人的には)。夏はさっぱりフィノを飲む機会が多いですが、オロロソやモスカテル、ペドロヒメネス、クリーム、もちろんアモンティリャードも、これが一番!とは選びきれないくらい好きです。ペアリングも多岐に亘り、お刺身や冷やし中華なんかとも合わせられるのが凄い。ペアリングチャートも見ていて勉強になります。“樽の中の劇場”というシェリーの本は私のバイブルで、いつ読んでもうっとりします。シェリーって言葉の響きも好きです。上の写真は今年の2月末に開催された世界を旅するワイン展の模様ですが、これが一週間遅れていたら中止になっていたでしょうね。販売員の方もマスクを着用されていましたが、今年も行けて本当によかったと思っています。下はフランスのロゼワインの老舗、エスタンドンのブース。こちらのロゼも大好きです。

カテゴリーFood

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です